チャイルドケア・インストラクターで講師として活躍

img1-1

子育て中の人が資格を取って新しい仕事に就くことは大変なことです。


資格を取るにしても、子育てに関する資格のほうが現在進行中のことなので勉強しやすいです。

子育てに関する資格にチャイルドケア・インストラクターがあります。

これであれば、自分の子育てにも生かすことができ、次の仕事につなげることもできるので取得しておいて損はありません。

現在、子育てに悩むお母さんは少なくありません。

身近に相談できる相手がいなくて孤立してしまう親子がたくさんいます。

親と同居しているからといって子育ての悩みが解決できるわけでもありません。


世代の違いから逆に摩擦がうまれたりもしています。

今すぐ使える薬膳コーディネーター 合格率の情報はココで集まります。

チャイルドケア・インストラクターはそうしたお母さん達を支え、親子ともに健やかに暮らせるように提案していくことができます。

産経ニュース情報を参考にしましょう。

チャイルドケア・インストラクターはチャイルドケア・コーディネーターの資格を取得していれば、受講と受験が可能です。



チャイルドケア・コーディネーターは通信教育を選択でき、認定試験は家で受けることができます。

チャイルドケア・インストラクターも同様に家での受験ができます。
小さい子どもを家で育てながら資格取得ができるので、子どもを保育園などに預ける必要がありません。

育児中のお母さんたちにやさしい資格です。この資格を取得したら、インストラクターとしての仕事が待っています。自分の都合に合わせて週1日だけセミナーを開講することもできます。

身に付けよう

img2-1

チャイルドケア・インストラクターは日本アロマコーディネーター協会(JAA)が認定する民間資格の一種です。チャイルドケア・コーディネーターの資格を持っている方が、特定の講習会を受講することで受験できます。...

more

知りたい薬膳事情

img3-1

チャイルドケア・インストラクターとは日本のアロマ系の協会が主催している民間資格で自然療法を取り入れたホームケアから育児と自分を育む育自の楽しみをサポートする学習体系の指導者のことを言います。この資格の基本コンセプトはまず子どもを取り巻く全ての環境を考え、自然療法を取り入れて感性を磨き、言葉を通じてふれあい、育児と育母の両面からいのちとか生きることを伝えるという役目が含まれています。...

more

納得の情報

img4-1

チャイルドケアに関する認定資格はチャイルドケア・インストラクター(CCI)とチャイルドケア・コーディネーター(CCC)の2種類あり、コーディネーターが取得者の知識や技能を認定する資格なのに対して、チャイルドケア・インストラクターは、チャイルドケアのノウハウを人に指導する立場になるためのより高度な資格です。チャイルドケア・インストラクターの受験資格を得るためには、まずは基本となるCCCの方の資格を習得する必要があります。...

more

おすすめ情報

img5-1

子供のみを育てていくのではなく、同時に母親も成長させていく事も目的としているのがチャイルド・ケアライセンスです。行われるのはボディケアに限らず、メンタル面もケアしてくれるので育児中ならではの悩みなどが解消できます。...

more
top