チャイルドケア・インストラクターの受験資格について

subpage-img

チャイルドケアに関する認定資格はチャイルドケア・インストラクター(CCI)とチャイルドケア・コーディネーター(CCC)の2種類あり、コーディネーターが取得者の知識や技能を認定する資格なのに対して、チャイルドケア・インストラクターは、チャイルドケアのノウハウを人に指導する立場になるためのより高度な資格です。

livedoorニュース選びであなたの手助けをします。

チャイルドケア・インストラクターの受験資格を得るためには、まずは基本となるCCCの方の資格を習得する必要があります。


これは通信式のホームワーク講座または加盟校で開講されている通学講座を1年間受けて所定のカリキュラムを修了し、試験に合格すれば取得できます。


マザーズクラブ会員なら資格取得後にJAA認定CCCに自動登録され、チャイルドケア・インストラクター認定講座の受講資格および認定試験の受験資格を得ることができます。



マザーズクラブはチャイルドケアを学ぶすべての人を支援するための会員制度で、ホームワーク講座受講者なら受講開始時に登録され、通学講座受講者も認定試験合格後に登録可能です。

チャイルドケア・インストラクター認定講座はホームワーク講座のみで、CCCに認定されていること以外には特に受験資格に指定されている項目はないので、実質的には誰でも受講・受験することができます。ホームワーク講座はテキストでの自主勉強と課題レポートの作成、試験は筆記試験のみの完全在宅受講・在宅受験です。


CCCよりもより深い理解を求められるほか、指導者として必要な知識も身につけられます。



top