のぼり旗の需要と製造の変遷

娯楽施設からガソリンスタンド、小売店の店先まで、のぼり旗は現在でも視覚に訴える広告としてその需要は安定していると言えるのではないでしょうか?のぼり旗は大きく分けると主に2種類に分類されます。

まずは使用する側が個別に発注して製作するオリジナルのもの、そして小売店などと契約している業者が配布するような既存の内容のものといった具合です。

のぼり旗は以前はシルク印刷が主な製造法となっていました。



シルクスクリーン印刷が主流であった時代には、印刷の色数によって価格も変動する為、単色のものであれば安価な旗が、多色刷りであればそれ相応に手間がかかる為非常に高価になります。その為、大量に刷らない場合は単価も高騰するといった具合で、製作するには少量のものではコストを抑えることが出来なかったのです。


ぼかしやグラデーションといった細かい色の再現はシルク印刷では困難な場合が多く、のぼり旗での表現には限界がありましたが、インクジェットの登場により大きく変化しています。

安心をコンセプトにしたOKWaveの人気が上昇しています。

インクジェットは、デザインをそのまま直接1回で布に施してしまうシステムで、刷り色の数によって何度も機会を通すという手間がありません。何色のものでも1回で刷り上がってしまう上に1枚でもコストが抑えられるというのも大きな魅力です。
最近では着物の生地へのインクジェットプリントも進んでいるほど向上しているのです。何より、ぼかしやグラデーションが綺麗に再現されることで、アニメなどの繊細なのぼり旗も増えるきっかけとなっています。

のぼり旗情報を集めているサイトです。